β版サイトを公開しました!
    都市の概況
    都市の密度
    都市の軸
    人の動き
    道路状況
まずはじめに、人口や店舗の分布から、おおまかな都市構造を見てみましょう。
居住人口や労働人口高齢者人口、
産業活動の従業員数などの密度の分布から都市の姿が見えてきます。
公共交通利用が便利な場所(公共交通利用圏)と人口や商業の配置の関係から、
都市構造が見えてきます。
都市間の移動量(トリップ)や移動時間など、
人の動きに関わる数値から都市の姿が見えてきます。
道路状況とは、道路の混雑状況、公共交通の分担率を表現するものです。

  昼と夜の人口の違い

多くの人が働く場所と暮らす場所に
どのような違いがあるか見てみましょう

テーマから探す
エリアから探す

  高齢者・若者の多い場所

お年寄りや若者が多く住む場所は
どこか見てみましょう

テーマから探す
エリアから探す

  買い物をする場所

みんなが買い物をする場所は
どのようなところか見てみましょう

テーマから探す
エリアから探す

  働いている場所

みんなが働いている場所は
どのようなところか見てみましょう

テーマから探す
エリアから探す

  広がってきた都市の姿

昔と比べて都市が
どのように広がってきたのか見てみましょう

テーマから探す
エリアから探す

  熊本地震関連

熊本地震(本震)における市区町村別の最大震度と、国勢調査の夜間人口との関係を見てみましょう
また、同様に最大震度7を観測した新潟県中越地震(2004年)の場合と比較してみましょう

expand_less
expand_less
send
close